Category Archives: Top of the year

My favorite 10 Songs of 2014

2014年も暮れてきました。
今年も音だけで生きてこれたことにまたひとつ感謝です。
本当に皆様アリガトウ。

ほとんどここでは何も乗せてませんでしたがDJはいろいろさせていただいたし、
実はいくつか曲が溜まってきているわけです。
来年はいろいろ動きを見せていくので、またいくつか追って報告できれば。

さて今年もいろんな曲が出ましたね。
今年は特に豊作年でした。
レジェンドと呼ばれるような人があちらこちらにアルバムを出していましたね。

そんな中僕の選ぶ2014年の10曲は以下!

D’Angelo and The Vanguard – Sugah Daddy
12月に、まさに突然現れた直下型爆弾。
14年ぶりのアルバムのシングル1曲目。
目新しい楽器は特にないのに、このグルーブ感はいったい何なんでしょうか。
何をどうしたらこんな曲が生まれるのかわかりません。。。
今年最高のダンスミュージックだと思っています。体が勝手に動く!

Freddie Gibbs & Madlib feat. Domo Genesis & Earl Sweatshirt – Robes
何をどうしたらこんな曲が生まれるのか、といえばこの曲も同じ。
すごく複雑に組まれていながら、爆ChillなMadlibのビート。
ギターのサンプル部分が特にヤバイ。。。
久々に本気のMadlibトラックを聞いた気がします。
アルバムとしても誰もが今年の一枚のひとつに入れてくるでしょうね。。。

ODESZA – Always This Late (Illenium Remix)
シアトル出身Odeszaのファーストアルバム1曲目のリミックス。
もともとコーラスのサンプルが気持ちいいビートが展開が増えてより気持ちよくなった感じ。
今年のChillwaveの盛り上がりを象徴する曲でもある気がします。
Odeszaのこのリミックスも良い。

MindsOne & Kev Brown – Manipulated
以前にもLegion of Doomという曲で共演済みの2組。
渋めの曲が多いKev Brownがハード目にキメた、間違いなく過去最高の出来のトラック。
ラップも絶妙に絡み合い忘れかけてしまうBoom Bapを思い返させる、
最新の、でも、今ではない、懐古の一曲。
PRhymeも良かったけどこちらのほうが輝いてた。

Clark – Winter Linn
Warp Recordsの今年のリリースラッシュは圧巻でしたね。
Flying LotusAphex Twin、そしてClarkと続いてきました。
僕はその中でもこのClarkのトラックが一番好きでした。
ノイズ気味のシンセがあり、ドラムも展開があり、なによりテンポが遅めで僕としては非常に「使いやすい」。。。
PVもイルってて最高です。

Chet Faker – Talk Is Cheap
Flumeとも繋がる、オーストラリアのシンガー、Chet Faker。
トラックは機械的で冷たいんだけど、歌声があったかく、そのギャップがいいような気がしてます。
なんともフックがキャッチーで気持ちいい。。。
今年、何度も繰り返し聞いてました。。。

AbJo – Céu
偶然SoundCloudを徘徊してたら見つけた1曲。
イントロのドラムブレイクがなかなかにイレギュラーで硬質。
でも少し中まで入り込めばChillなメロディーのあるきれいな流れ。
Eargasmとはこのことかと。。。

The Weeknd – King Of The Fall
2年連続で良作をぶち込んできてくれた、The Weeknd。
しかもこの曲はフリーリリースされてましたね。
いつも通り甘い声で卑猥な歌を歌ってますが。
しかしかなりの良作です。。。ビートがかっこいいから。。。

Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars
またまたやってくれました、このお二人。
Locked Out of Heavenでは発散したファンクを見せてくれましたが、
今回はディスコチューン。なにやらせてもカッコいいっすね。
きちんと流行のブレイクも忘れてない…アルバムが楽しみです。

alt-J – Every Other Freckle
イギリスでは1位を取るようなすでにビッグバンドですね。
こんなにアーティスティックで自然と1位にいるというのはすごいことだと思います。
民族チックな曲の展開が大好きです。
ちょっと複雑だけどカッチョいい。

以上!
良い年を!
DJFYO

Advertisements

My favorite 10 Songs of 2013

2013年も年の瀬。
今年も音だけで生きていけました。。。
これコレをリリースもできました。
ふんぞり返るワタクシを来年もヨロシクでございます。

さて、私が今年聴いた、かけた中での10曲を選んでみました。
だらだらと聞いてみてください。
コメントも少しつけておりマフ。

M.I.A. – Bring The Noize
今年のサマーソニックではビシッとサイケデリックな音を見せてくれたM.I.A.。
聞くにも爆音推奨。でなくばこの本当の世界を理解できないと思われます。
今年一番ぶっ飛ばされました。このおねぇさんはすごいです。

Vampillia – endless summer
静と動の上げ下げが激しいんだけれども、
その行ったり来たり引っ張りまわされる展開が素晴らしい。
ツジコノリコのボーカルもひきたててます。
この曲を聴いてなぜか感極まるような日もあります。

Flume – Holdin On
今年のビートメイカーで名実共に2013年を謳歌したFlume。
ネタの使い方もそうですが、間の取り方がなかなか絶妙ですね。
コレでノれないなんて無いっスよねぇ?

私の世界 – 井上鑑
今年は日本としてはドラマが豊作でしたね。
あんなじぇじぇじぇや、こんな倍返しだ!がありましたが、
僕はコレが好きでした。
歌詞が最高でそれを歌う子供がまたこれ。。。

RHYMESTER – It’s A New Day
年初めからいきなりぶちかましてくれたライムスター。
Mummy-DはCMにも出てましたね。
どうだろう、今年はこの方々を超える日本のヒップホップ曲があっただろうか。。。

TOY – My Heart Skips a Beat
Procol Harumを髣髴とさせるそのサウンド。
ロックの回帰的なものとしても高クオリティ。
2013年にこういう曲が聴けるのもいいものでふ。

Kodaline – All I Want
イギリスの新人バンド。
まだ甘いながらにもサマーソニックのパフォーマンスでも見せてくれました。
本家PVはちょいとCornyですが、こちらは素晴らしい。。。

Anna Kendrick – Cups (Pitch Perfect’s “When I’m Gone”)
映画の監督が監督し製作したものとのことですが、
なんといっても音効冥利に尽きること映像と曲と効果音。
うーん、こんなのやりたいなぁ。。。
曲も歌詞とかストレートに届くので僕は大好きです。

The Weeknd – Belong To The World
あれ?日本だ!あれ?Portisheadだ!あれ?そういえばWeekndだ!
なんかいろいろあるけど、決して何も汚してない良作。
カッケー。。。。

Aloe Blacc – Wake Me Up
当然Avichiiのバージョンが有名なのですが、
アコースティックに決めるほうが胸に来るってモンだと思います。
LAにいたころ、あんなに近くにいた人がこんなに遠くの世界でやってる姿を見るのは、
やってやろうって気になりますね。

そしてエキストラとしてもうひとつ。。。

Eminem – Survival
ぶっちゃけ一番今年聞きました。。。
いや、いろいろ知ってるけど。。。
しょうがない!

皆様よい年を!
DJFYO

My favorite 10 Songs of 2012

さて、2012年も終わりですね。

ワタクシは今年は初めての音の音による音のための年でした。
来年もこの流れでさらに一つステップアップしていこうと思います。
もう少し僕からのリリースは増やしていきたいなぁ。。。

今年もいろいろな曲がリリースされました。
こちらで僕が今年リリースされた曲でよく聴いた、よくかけた曲を並べてみました。
お時間あればどうぞ。少しだけコメントも付けておきました。

Gavlyn – What I Do
Represent Organized Threat。LAの女性ラッパー。
始まりはThe Cypher Effectで見かけて、強烈な衝撃を受けました。
ベーシックなヒップホップをしているのに別格の存在感とスキル。Kendrick Lamerもいいけど僕はGavlynだったな。

EVISBEATS – ゆれる feat. 田我流
田我流に関してはこの曲も究極なんだけど、今年といえばこちらかなと。
この曲の雰囲気は日本人にしか作れないでしょう。PVも渋くていいっす。
小さな音でも聞けてしまう良質な一品。

Bruno Mars – Locked Out Of Heaven
既に至るところでかかりまくっている一曲ですね。しかしながらよくできた曲です。
冒頭はFunkにはじまりリバイバルの雰囲気を出しながら、サビでは流行りのエレクトロメロ、それでいて曲として出来上がってしまっているというなんとも奇怪な曲。From Dusk Till Dawnを思い出しました。。。共同プロデュースはMark Ronson。納得。。。

MUSE – Follow Me
日本では鉄拳の方が話題になってますね。感動のMuse x鉄拳第2作。
曲としてはダブステップの要素をふんだんに入れたクラブ向けロック。
昨年のKornもそうですが声のいいバンドがダブステップをするとそれだけでも良作の匂いがしてしまいますね。
この曲もMatthewの叫びで飛ばされちゃいます。

AlunaGeorge – Watching Over You
ミニマルなエレクトロニカ。8bitサウンドを散りばめ、冬空に映える繊細な声、と。ハープのループとの兼ね合わせも最高。
歌詞はちょっと不気味ですが。。。滲んだライトのもとで聞きたい曲。

Burial – Truant
Rough Sleeperと一緒にEPリリースされた曲。
ビデオのあるように夜の電車、成田エクスプレスあたりに乗りながら聞きたい。
曲中何度も無音のブレイクを用いるなど、Burialの挑戦的な試みに感服。
構成はある意味Classical Musicに近い気がする。

DJみそしるとMCごはん – 白和え
栄養学学生による1人組ユニット。
ただ白和えのつくり方を喋ってるだけのなんじゃこれな一曲。
それでも言葉遊びやリズムの取り方が秀逸。スチャダラパーの進化系はこういう事なんだろうか。
くいしんぼうHiphop。昔も歴史をラップする人がいましたが。。。

七尾旅人 – 湘南が遠くなっていく
今年は本当に大躍進されたのではないでしょうか。
それもあのアルバムを聴いてしまえば全て分かる。。。とっても素晴らしいアルバムを出してくれました。
この曲もそうですが、圏内の歌、サーカスナイトと名曲ぞろい。
特にこの曲は魂こもっててグッときます。

Quakers – Smoke feat. Jonwayne
PortisheadのGeoff Barrowのプロジェクト、Quakers+Stonesthrowの新人Jonwayne。
アンダーグラウンド独特のヘヴィなビートにコンシャスに乗るJonwayneのラップ。渋さは極上。そんなラップを吐くJonwayneは21歳とか。ビートも作っちゃう。
今年のLAはすごかった。

Christina Aguilera – Your Body
この曲も至る所で聞きました。。。
曲としては最近流行りのね、って感じですが、Aguileraが歌ってるってだけで持ってかれました。
誰がなんと言おうと僕はこの曲が大好きです。。。

以上10曲。皆さんは今年はいかがでしたでしょうか。

そのほか今年は僕からもリリースもありました
また新しいものは現在仕込み中。来年はもっと頑張ろう。。。

また、こっそりと新しいミックスも公開してます。Funkでノリノリに生きたい方は是非どうぞ。
Funky Freshin` Bomb

宣伝もしたのでこの辺で。。。

良いお年を!

My favorite 10 Songs of This Year

さて、前回更新から幾月が経ってしまいました。
すっかり寒くなり、年までもが終わってしまいますね。
来年はもっと更新を多くしていきたい。。。!いや、していこう。。。!

2011年、誰にも忘れられない大きな年でした。
2012年はどんな年になるのか全く見えませんが、僕は強く歩みを続けていこうと思います。

さて、今年も終わりに近づき、折角自分のページも作ったので、こちらで僕が今年リリースされた曲でよく聴いた、よくかけた曲を並べてみました。
思えば今年もいろんな曲を聴いたけれども、僕は今年はほとんどHiphopとDubstep聴いてたんだな、って並べ終わって思いました。。。
お時間あればどうぞ。少しだけコメントも付けておきました。

不可思議/wonderboy – Pellicule
3分半をこれほど一瞬に感じたことがないくらい、初めて聴いたときに聞き込んでしまいました。
表現力にたまげたものです。
ライブに行くことが叶わないのが残念です。ご冥福をお祈りします。

Weapon-X ft Jess the Facts & Blac Heat – Classick
Music & Streangth crewによる強烈な一曲。
とにかくかっこいいなぁ。。。

Bad Meets Evil – Fast Lane ft. Eminem, Royce Da 5’9
久々にEminemの曲でぶち上がった曲。
Royce Da 5’9との掛け合いも最高。
BET Awardでのフリースタイルもやばかったよなぁ。。。
Shady 2.0

Tyler The Creator – Yonkers
USAの今年はこの人の年でした。
他にもPusha TとのTrouble On My Mindも大好きだったりしますが、
やはり始まりはここでしょう。説明ももはや不要。

Simi Lab – Uncommon
日本のシーンは彼らによってまた一つ開かれた気がします。
曲、アイデンティティ、振る舞いからいろいろと新しいし、かっこいい。。。
OMSB氏のソロを今か今かと心待ちにしてます。

Caroline – Sleep
綺麗な旋律、気持ちいい声、
ふわっとぼーっとしたいときに本当に重宝した一曲です。
ライブを見させてもらった時もこの曲で感動したなぁ。。。

Korn Feat. Skrillex – Get Up
いろいろと賛否があるようですが、僕は大賛成です。
ブリッジからサビへの流れ、大好きです。
Shut a Fuck up, GET UP!!元気でますね。

Bassnectar – Upside Down
いつもDubstepとしてはテンポの速い曲を作ってくれていて、
いろいろと重宝してます。そんな中でもクランクビートから、
ゴリっとしたベースに持って行くこの曲は最高。とっても使いやすいっす。

The Good Sin x 10.4 Rog – The Crown
フリーでリリースされているアルバムからの一曲。
ザラりとしたビートに添えるだけって感じなピアノのサンプル。
ラップもとてもかっこいいのです。ダウンロードはこちらで。
Bandcamp

Bazooka – Humanoid Kill
サンプルがかなり卑怯ですが、でも完成度が非常に高い、
そんな一曲です。かっちょいいです。
こんな曲でも好きなものはしょうがないんです。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

よろしくです。