My favorite 10 Songs of 2014

2014年も暮れてきました。
今年も音だけで生きてこれたことにまたひとつ感謝です。
本当に皆様アリガトウ。

ほとんどここでは何も乗せてませんでしたがDJはいろいろさせていただいたし、
実はいくつか曲が溜まってきているわけです。
来年はいろいろ動きを見せていくので、またいくつか追って報告できれば。

さて今年もいろんな曲が出ましたね。
今年は特に豊作年でした。
レジェンドと呼ばれるような人があちらこちらにアルバムを出していましたね。

そんな中僕の選ぶ2014年の10曲は以下!

D’Angelo and The Vanguard – Sugah Daddy
12月に、まさに突然現れた直下型爆弾。
14年ぶりのアルバムのシングル1曲目。
目新しい楽器は特にないのに、このグルーブ感はいったい何なんでしょうか。
何をどうしたらこんな曲が生まれるのかわかりません。。。
今年最高のダンスミュージックだと思っています。体が勝手に動く!

Freddie Gibbs & Madlib feat. Domo Genesis & Earl Sweatshirt – Robes
何をどうしたらこんな曲が生まれるのか、といえばこの曲も同じ。
すごく複雑に組まれていながら、爆ChillなMadlibのビート。
ギターのサンプル部分が特にヤバイ。。。
久々に本気のMadlibトラックを聞いた気がします。
アルバムとしても誰もが今年の一枚のひとつに入れてくるでしょうね。。。

ODESZA – Always This Late (Illenium Remix)
シアトル出身Odeszaのファーストアルバム1曲目のリミックス。
もともとコーラスのサンプルが気持ちいいビートが展開が増えてより気持ちよくなった感じ。
今年のChillwaveの盛り上がりを象徴する曲でもある気がします。
Odeszaのこのリミックスも良い。

MindsOne & Kev Brown – Manipulated
以前にもLegion of Doomという曲で共演済みの2組。
渋めの曲が多いKev Brownがハード目にキメた、間違いなく過去最高の出来のトラック。
ラップも絶妙に絡み合い忘れかけてしまうBoom Bapを思い返させる、
最新の、でも、今ではない、懐古の一曲。
PRhymeも良かったけどこちらのほうが輝いてた。

Clark – Winter Linn
Warp Recordsの今年のリリースラッシュは圧巻でしたね。
Flying LotusAphex Twin、そしてClarkと続いてきました。
僕はその中でもこのClarkのトラックが一番好きでした。
ノイズ気味のシンセがあり、ドラムも展開があり、なによりテンポが遅めで僕としては非常に「使いやすい」。。。
PVもイルってて最高です。

Chet Faker – Talk Is Cheap
Flumeとも繋がる、オーストラリアのシンガー、Chet Faker。
トラックは機械的で冷たいんだけど、歌声があったかく、そのギャップがいいような気がしてます。
なんともフックがキャッチーで気持ちいい。。。
今年、何度も繰り返し聞いてました。。。

AbJo – Céu
偶然SoundCloudを徘徊してたら見つけた1曲。
イントロのドラムブレイクがなかなかにイレギュラーで硬質。
でも少し中まで入り込めばChillなメロディーのあるきれいな流れ。
Eargasmとはこのことかと。。。

The Weeknd – King Of The Fall
2年連続で良作をぶち込んできてくれた、The Weeknd。
しかもこの曲はフリーリリースされてましたね。
いつも通り甘い声で卑猥な歌を歌ってますが。
しかしかなりの良作です。。。ビートがかっこいいから。。。

Mark Ronson – Uptown Funk ft. Bruno Mars
またまたやってくれました、このお二人。
Locked Out of Heavenでは発散したファンクを見せてくれましたが、
今回はディスコチューン。なにやらせてもカッコいいっすね。
きちんと流行のブレイクも忘れてない…アルバムが楽しみです。

alt-J – Every Other Freckle
イギリスでは1位を取るようなすでにビッグバンドですね。
こんなにアーティスティックで自然と1位にいるというのはすごいことだと思います。
民族チックな曲の展開が大好きです。
ちょっと複雑だけどカッチョいい。

以上!
良い年を!
DJFYO

Mixtape Release: For The Microscopic Giant

季節が変わり始めていますね。
花粉が舞い目がやられております。。。

さて、先日新しいミックスを公開しました。
The Microscopic GiantというウェブサイトでのExclusiveです。

Chillなビートで構成されたHiphop Mixでふ。
コーヒータイムなどのお供にドウゾ。。。

Go to the Mix

よろしくです。
DJFYO

DJ Schedule(Feb 8th): Mono語り@Golden Egg in Shinjuku

この時代は今から冬本番、ってところでしょうか。
酒を飲んだあとの外の空気が清々しい…

さて少し早いですが、またDJします。

Mono語りというイベントで場所は新宿、Golden Eggです。

ゲストに志人(from 降神、Temple ATS、Triune Gods)が1時間パフォーマンスするそうです。
真近で見れるだけに私も楽しみです。

そんな私はゴリっとしたアブストラクトにてゴキゲンを伺います。
そのセットは1950より50分ほど。またその他もいろいろ合間合間にヒップホップしてます。

会場、限定60名とのこと。お取り置きは直接連絡ください。
twitter: @djfyo

その他詳細は以下ニテ。

——————————————-

 ポエトリー、アブストラクトメインのレギュラーイベントが今、幕を開く。 心癒される繊細な音、情緒的、叙情的な歌詞に打たれてみませんか?

 今回は八割以上の出演者が、ポエトリーあるいはアブストラクトヒップホップのラッパーです。

 サンドアートパフォーマンスもあります! 
(サンドアートとは、ガラス板の上に乗せた砂で物語を描く光と影(砂)の演出のこと)

【ゲスト】
志人1時間ライヴ!60名様限定イベント!

【日時】
2014/2/8(土)
18:30-22:30

【場所】
GOLDEN EGG
〒160-0022 東京都新宿区歌舞伎町1丁目16-10 第27東京ビルB2F

店舗詳細:http://www.g-egg.info/accsess.html

【料金】
前売り:2000円(別途1ドリンク)
当日:2500円(別途1ドリンク)

—————————————————-

ヨロシクデフ。
DJFYO

DJ Schedule (Jan. 4th): 放課後生ハブ酒2014 音と映像 お酒の初詣@恵比寿enjoy! house

今年もよろしくです。

新年早々、早速DJしまふ。
放課後生ハブ酒2014 音と映像 お酒の初詣@恵比寿enjoy! house、というイベントにて。
エントランスフリーです。
私は2640ヨリ。いろんな曲をかけまふ。

仕事始めだ!
詳細は下記にて。

Entrance free!

放課後生ハブ酒2014 音と映像、お酒の初詣 
2014年1月4日(土)@恵比寿enjoy! house
http://enjoyhouse.net/
OPEN 22:30 / CLOSE 5:00

「お正月、仕事だったんだよね」の一言で
ミニだるまプレゼント!(先着30名様限定)
お初の方も常連さんも楽しくのんびり遊びましょ。

VJ Yamane(TADK)

Guest DJ FYO

DJ ZAKIYAMA
RYO
YUTA-KA
Mico
のはら
 rabamba
  カノー

ヨロシクデフ。
DJFYO

My favorite 10 Songs of 2013

2013年も年の瀬。
今年も音だけで生きていけました。。。
これコレをリリースもできました。
ふんぞり返るワタクシを来年もヨロシクでございます。

さて、私が今年聴いた、かけた中での10曲を選んでみました。
だらだらと聞いてみてください。
コメントも少しつけておりマフ。

M.I.A. – Bring The Noize
今年のサマーソニックではビシッとサイケデリックな音を見せてくれたM.I.A.。
聞くにも爆音推奨。でなくばこの本当の世界を理解できないと思われます。
今年一番ぶっ飛ばされました。このおねぇさんはすごいです。

Vampillia – endless summer
静と動の上げ下げが激しいんだけれども、
その行ったり来たり引っ張りまわされる展開が素晴らしい。
ツジコノリコのボーカルもひきたててます。
この曲を聴いてなぜか感極まるような日もあります。

Flume – Holdin On
今年のビートメイカーで名実共に2013年を謳歌したFlume。
ネタの使い方もそうですが、間の取り方がなかなか絶妙ですね。
コレでノれないなんて無いっスよねぇ?

私の世界 – 井上鑑
今年は日本としてはドラマが豊作でしたね。
あんなじぇじぇじぇや、こんな倍返しだ!がありましたが、
僕はコレが好きでした。
歌詞が最高でそれを歌う子供がまたこれ。。。

RHYMESTER – It’s A New Day
年初めからいきなりぶちかましてくれたライムスター。
Mummy-DはCMにも出てましたね。
どうだろう、今年はこの方々を超える日本のヒップホップ曲があっただろうか。。。

TOY – My Heart Skips a Beat
Procol Harumを髣髴とさせるそのサウンド。
ロックの回帰的なものとしても高クオリティ。
2013年にこういう曲が聴けるのもいいものでふ。

Kodaline – All I Want
イギリスの新人バンド。
まだ甘いながらにもサマーソニックのパフォーマンスでも見せてくれました。
本家PVはちょいとCornyですが、こちらは素晴らしい。。。

Anna Kendrick – Cups (Pitch Perfect’s “When I’m Gone”)
映画の監督が監督し製作したものとのことですが、
なんといっても音効冥利に尽きること映像と曲と効果音。
うーん、こんなのやりたいなぁ。。。
曲も歌詞とかストレートに届くので僕は大好きです。

The Weeknd – Belong To The World
あれ?日本だ!あれ?Portisheadだ!あれ?そういえばWeekndだ!
なんかいろいろあるけど、決して何も汚してない良作。
カッケー。。。。

Aloe Blacc – Wake Me Up
当然Avichiiのバージョンが有名なのですが、
アコースティックに決めるほうが胸に来るってモンだと思います。
LAにいたころ、あんなに近くにいた人がこんなに遠くの世界でやってる姿を見るのは、
やってやろうって気になりますね。

そしてエキストラとしてもうひとつ。。。

Eminem – Survival
ぶっちゃけ一番今年聞きました。。。
いや、いろいろ知ってるけど。。。
しょうがない!

皆様よい年を!
DJFYO

DJ Schedule (Dec. 6th): 新宿CypherChampion MC Battle VOL.1

しばらくこちらの更新をしてない間に、季節はめぐりそろそろ寒くなってきましたね。

さて久々の更新もイベントがらみですが、
新宿 Cypher Champion MC Battleにて、当日のDJと、
バトル時のDJをします。
面白い方々が集まると思われマフ。
フリースタイルラップ見たい方はゼヒドウゾ。

詳細は下記!

新宿CypherChampion MC Battle VOL.1

場所:GOLDENEGG
〒160-0022 東京都新宿区歌舞伎町1丁目16-10 第27東京ビルB2F

12/6(金)
OPNE:19:00
Battle Start:21:15
CLOSE:23:00

ADV:1,000円(別途1Drink)
Battle Entry&DOOR:1,500円(別途1Drink)

よろしくでふ。

Single & Album Release: Do Justly From Your Own EP & Douche Just Fucks Your Omen

–日本語は英文のあとで。。。–

I just released 1 single and 1 instrumental album.
Allow me present you briefly and hope ya’ll enjoy my crafts.

Let’s start from a single called “Do Justly From Your Own EP”.

DJFYO

Here is the music player.

This is the first single that I collaborated with Japanese rappers.
Counterfeit, and Kuchinashi gave their performance proudly. David Whitaker also helped singing the chorus on “Do Justly From Your Own”.
All tracks are produced, mixed, mastered by me; DJFYO.
All noises and hisses are intentionally added on each tracks, and those make this EP uniqueness, and producing its own world…

It is released through Bandcamp for free.
Just grab ’em and enjoy…
Click here to Bandcamp website

 

Next, an instrumental album called “Douche Just Fucks Your Omen”.

DJFYO

Here is the first track from the album; “Premonition (Overture)”

Here is the fourth track from the album; “Bouncy Sunny Day”

It contains 14 conceptualized tracks and 1 bonus track.
All tracks are meant to be there for drunk heads; in other words these tracks get your ears well when you are inebriated.
Therefore, I strongly recommend you to prepare your liquor for a night, before you press start of your player.
If you may, close your eyes and explore your imaginational world.

All musical works have done by DJFYO.
This album is currently released at iTunes and Spotify.
Select the best store you wish, and again, enjoy.

Click here to iTunes store

Click here to Spotify

Ay, that’s all I got to share…
Peace,
DJFYO

日本語

さて、ずらずらと英文が並んでいますが。。。
お気付きの通りシングルとアルバムを自主制作でリリースしました。

まずはシングルから。
“Do Justly From Your Own EP”といいます。

DJFYO

コチラで聞けます。

日本人ラッパーと初コラボして作りました。
Counterfeitとクチナシが日本語でラップしてくれております。
David Whitakerにもコーラスで手伝ってもらいました。
トラック、ミックス、マスタリング全てワタクシDJFYOです。
Bandcampでフリーで出しておりますので、好きに持ってっちゃってくださいませませ。

Bandcampはコチラから

 
次にアルバム。”Douche Just Fucks Your Omen”と言います。

DJFYO

コチラで一曲目の”Premonition (Overture)”が聞けます。

コチラで四曲目の”Bouncy Sunny Day”が聞けます。

全14曲+ボーナストラック1曲で構成されています。
酔っぱらった頭に効くような形で全ての曲は作られています。
なので、飲みながら聞くことを推奨します。。。
コチラもトラック、ミックス、マスタリングはワタクシDJFYOです。

日本におられる方には現状iTunesのみのリリースとなっておりますが、Spotifyが日本でも解禁となればそちらでも聞けるようになります。

iTunes Storeへはコチラから

一応Spotifyへはコチラから(多分まだ見れませんが)

以上!
よろしくでふ。
DJFYO

DJ Schedule (Sep 16th): 新宿GUARD vol.5

幾分秋めいてきましたね。。。

いきなりですが、3連休最後の月曜日、DJします。
場所は前回もお邪魔した新宿OTO。新宿GUARDというイベントでふ。
私は2100より40分ほど荒くれようという予定です。。。

詳細は下記!
新宿GUARD vol.5 2013.9.16(mon) 17-23
adv¥1000(1d) ¥1500(1d) 60歳以上チャージフリー
3連休で一番珍味なパーティーやります。

GUEST DJ        尾木ママ
トーニャ・ハーディング
Nachu
FYO
ダイスケきゅん

DJ                      CARP
Krow
カノー

新宿OTO:
新宿区歌舞伎町1-17-5-2F
TEL:03-5273-8264

http://iflyer.tv/ja/event/150600/

よろしくデフ。

DJFYO

DJ Schedule (Aug 19th): 新宿GUARD vol.4

お盆ももう終わり、セミの声も厚みが薄くなってまいりましたね。
いやー、、、もう暑く無くても。。。

さて、休み明けの月曜日、DJしまふ。
新宿GUARDというイベントにお呼ばれいただきました。
場所は新宿OTOです。
ワタクシは2245からやります。
終電前までのイベント、スイカもつくようでふ。

詳細は下記。

新宿GUARD vol.4 8/19 1900-2340
休み明けのカラダに効く音、ご用意しました。
charge : door/1500yen(1d) with flyer/1000yen(1d)
web discount/1000yen(1d)
all genre
GUEST DJ SkirtDISCO
    D.J.Kuroki Kouichi
DJFYO
DJ:CARP
KROW
カノー
展示 あにー
フリー スイカ
新宿OTO:
新宿区歌舞伎町1-17-5-2F
TEL:03-5273-8264
https://www.facebook.com/events/203006919858214/

よろしくデフ。
DJFYO

DJ Schedule (Aug 10th): MASS DA HURRY YEAH

8月ですね。
そろそろ夏休み、なんてところでしょうか。
蝉の音がけたたましいですねぇ。。。

さて、今週土曜日(10日)は阿佐ヶ谷Mad Hog KitchenでDJをしておりマフ。
MASS DA HURRY YEAHというMASS氏の個展とライブアートイベントです。

おそらく私は2300以降の何処かでユラユラとHiphopをかけます。
詳細は下記。

日時:8月10日
場所:阿佐ヶ谷Mad Hog Kitchen
杉並区阿佐屋南3-37-3 志村ビル202

以上!
そろそろDJのシステムを変えたい、なんて思うわけです。。。

よろしくデフ。
DJFYO